観光スポット

文化三成古墳

三成古墳は、久米川左岸の南向きの丘陵端の前方後方墳で、昭和52年墓地造成工事中に発見され、53年に岡山県教育委員会が発掘調査を実施。
5世紀初頭頃の前方後方墳で全長35m、前方部と後方部にそれぞれ箱式石棺を持ち、この地方の首長級の古墳と考えられ、美作地方でも古い時代のものとして、国指定史跡です。
所在地 津山市中北下
営業時間 見学自由
交通アクセス 中国自動車院庄ICから車で約15分
駐車場 あり

こちらのスポットもcheck!

前のページに戻る

pagetop